メンタル不全を理解する資格「ピアカウンセラー」

メンタル不全を理解する資格「ピアカウンセラー」概要画像 無料で学習できる多くの資格

資格概要

ピアカウンセラーは、仲間(peer)がメンタル不全になった時に理解することができるようになるためのスキルを、メンタル不全の当事者の声から学ぶことができます。

2015年12月よりストレスチェックが義務化されましたが、多くの企業ではメンタルヘルスの対策が進んでいません。
「うつ病」や「パニック障害」などになる社員に対してどのように関わったら良いのか分からず、本人に症状を聞くわけにもいかず、その社員に関わる人が戸惑ってしまう場面が少なくありません。

本格的な心理カウンセリングを学ぶのではなく、普段関わっている人がメンタル不全になった時に理解することができるようになり、メンタル不全になってしまった人の理解されにくい気持ちを汲み取り、人事担当者や専門家との橋渡しをする事ができます。
また、メンタル不全の当事者は、ご自身のメンタル不全の理解を深めることができるようにもなります。

職場に限らず、被災地・家族などのコミュニティにおいて仲間を理解し、助けるためにも活用できます。

就労移行支援事業所フォーム竹ノ塚では、メンタル不全を理解する資格「ピアカウンセラー」を無料で学習できます。ご不明な点やご不安な点は専門の資格取得支援担当がわかりやすくご説明いたします。

資格取得のメリット

  1. 当事者の生の声で「職場復帰のポイント」「うつ病の人との関わり方」等が学べます。
  2. 難しい専門用語や概念抜きで心理カウンセリングの基礎が身に付きます。
  3. メンタル不全者との関わり方のコツが分かるので一時対応や人事担当者、産業医などへの橋渡しができるようになります。
  4. メンタル不全になりやすい職場環境が心理学的に理解できるので企業への提案の幅が広がります。

このような方にお勧めします

  • メンタル不全で休職をした経験がある方が経験を活かしてピアカウンセラーになりたい方。
  • 弁護士、税理士、社会保険労務士、FP、看護師、保育士など企業や人に関わる業界の方。
  • 人事担当者、企業内で従業員を管理する立場の方。
  • 職場内、友人、家族などに「うつ病」などで悩んでいる方がいらっしゃる方。
  • ご自身のメンタル不全について勉強してきたことを就職面接で証明したい方。

試験情報

試験実施団体
受験方法
  • 試験免除プログラム対象資格
学習方法
  • Eラーニング
講習料・受験料
  • 無料

資格取得支援担当からのアドバイス

ピアとは仲間、障害をもつ仲間の自立支援を行うのがピアカウンセラーです。
相談者一人ひとりが本来もっている力を引き出し、力を与える(エンパワーメント)役割です。その力にピアカウンセリングが有効だと、多くの人に知られるようになってきました。

就職に役立つポイント

ご自身の障がいの理解を深めることができ、また、「保有資格」として履歴書にも記載できるため、企業の採用担当に対して「ご自身の障がいを理解している」ことを証明することができます。
「証明できること」は、「勉強してきた(だけ)」のライバルとの差別化につながります。

合格者インタビュー

近日公開予定!

お気軽にお問合せください

どのように学習していくのかや、どんな資格があるかなど、ご興味をもたれた方はお気軽にお問合せください。専門の資格取得支援担当がわかりやすくご説明いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました